ナンパ師がストーカーに…

            

数年前の出来事ですが、仕事の帰り道、自宅最寄りの駅前でとある男性に声をかけられました。
いわゆるナンパです。
当時、私にはお付き合いしていた彼氏がいたので、もちろんお断りさせて頂きました。
しかしあまりにもシツコイので、「お断り」と言うよりは「無視」をし続けてしまい、最終的には諦めると同時に「ブス!」「死ね!」などの暴言を吐かれてしまいました。
その時はそのような暴言を気にすることはありませんでしたが、なんとなくモヤっとした気持ちのまま帰路につきました。
翌日も仕事帰り、同じ時間帯に駅前を通りかかると、またあのナンパ師に声をかけられました。
「なんで無視するの?」「これからどこへ行くの?」「連絡先だけ教えて?」など、こちらがいくら無視しても何度も何度も話しかけられましたが、私はそれでも迷惑そうに無視を続けていました。
その次の日はさすがに姿を見なかったのですが、帰宅すると、ポストに知らない電話番号が書かれたメモが入っていました。
一瞬恐怖心を感じましたが、まさか家までついてきてメモを入れるなんてそこまでしないだろうと思い、こちらから特にアクションを起こすことはありませんでした。
するとまた翌日の土曜日、仕事が休みだった私は昼間家にいたのですが、インターホンが鳴らされたのでモニターで確認してみると、例のナンパ師が…
怖くて凍り付きました。
ドアを開けるわけにいかないので、鳴り続けるインターホンも無視しましたが、30回ぐらいは鳴らされていたと思います。
無視を続けるとナンパ師は帰っていきましたが、さすがに怖かったので、彼氏を呼んで一泊してもらうことに。
日曜を迎えた夕方頃、ドアポストが開くような音がしたので見てみると、ドアの向こう側からナンパ師がこちらを覗いていました…。
さすがに悲鳴をあげてしまいましたが、その様子に気がついた彼氏が通報し、ナンパ師は無事に警察に連れていかれました。
一人だったら本当に怖かったと思います。
その後、私は街で男性に声をかけられても無下に扱うことができなくなってしまい、愛想笑いで一生懸命断るようになりました。
たかがナンパですが、このようなストーカー事件に発展してしまうこともあるということを、世の中の女性に知ってほしいと思いました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です